クリニックブログ

2022/08/29

子どもにもドライアイはあります!

みなさん こんにちは 千種区 本山の眼科 中村眼科クリニック です

余談

後2日ほどで9月に入りますね。学生さんは長い夏休みが終わり学校が始まりますね。この夏は旅行に行く方や、受験生で勉強を頑張っている方や…今年の夏は皆さん楽しめたでしょうか!コロナはまだまだ収束する気配はありませんが早く収まることを願うばかりですね。

子どものドライアイ

普段の診療で、「目が乾く」「目が痛い」「目の疲れを感じる」などドライアイ症状を訴える大人の方がたくさん当院に来院されますが、実は大人だけではなく子供にもドライアイはあります。

なぜドライアイは起こるのか

まずドライアイとは目を守るために欠かせない涙の量が不足することや目の質の異常により、角膜が乾燥して目の表面を傷つけてしまう目の病気のことです。ドライアイが起こる原因としては以下があげられます。

①長時間コンタクトレンズを装着している

お子さんではあまりいらっしゃらないかと思いますが、長時間コンタクトレンズを装着しているとレンズが眼球の水分を吸収し、水分が蒸発しやすくなるのでドライアイになりやすいです。また、瞳に十分な潤いがない状態でレンズをはめていると、目を傷つける原因になります。

②夏や冬に使用するエアコン

今の暑い時期エアコンがついている場所がほとんどだと思いますが、温風や冷風が当たると肌だけでなく目も乾燥してしまいます。風が直接目に当たると症状が悪化します。

③パソコンやゲームなどの使用

ゲームをしていると瞬きの回数が自然と減ってしまい、十分な潤いを保つことができずドライアイの原因になります。

④かゆみのドライアイ

慢性(急激な症状の変化もなく、良くも悪くもならないまま長引いて、なかなか治らない病気の状態のこと)のアレルギー体質のある方もドライアイになりやすい傾向があります。

…など様々な原因があげられます。このように、「パソコン」「エアコン」「コンタクト」のことを3コンと呼びドライアイの三大原因としております。スマホ、携帯の長時間使用も原因の一つと言えるでしょう。

どんな症状がある??

◻︎目が乾燥する

◻︎目の違和感、ゴロゴロ

◻︎目の痛み

◻︎目がしょぼしょぼする

◻︎目の乾き

◻︎目やにがでる

◻︎目がかゆい

…などいろいろな症状があります。この症状の中で当てはまるものがあるようでしたらドライアイの可能性があります。

ドライアイの対策はある??

☆目を休ませる

テレビやゲームなど画面を見るときは、1時間に15分〜30分は目を休ませましょう。

☆アイマスクを使い目を休ませる

アイマスクがなければ濡れたタオルをレンジでチンして目にのせると暖かくて目を休ませることができます。

☆意識的にまばたきをする

パソコンやスマートフォンなどに集中していると瞬きを忘れてしまうので意識して瞬きをすると目の潤いを保つことができます。

☆エアコンなどの風向きを考える

温風、冷風が目に直接当たらないように風向きを調節したり工夫しましょう。

☆加湿をする

乾燥が気になる季節は加湿が大切です。加湿器を使用したり、加湿器がなければ濡れたタオルを室内に干しているだけで効果があるそうです。

☆目薬を使用する

自分でどの目薬を使用したらいいかわからない場合は眼科へ受診し、処方された目薬は用法・用量を守って正しい使い方をすることが大切です。

当院でのドライアイ検査

当院では、目の乾き具合などを調べる「生体染色」という検査をさせていただいております。フルオレセインという黄色の染色で染め、青色の光で目の表面も傷や乾きなどを確認する検査です。この検査は短時間で終わり個人差はありますが、痛みもありませんので受けやすい検査になります。ただし瞳に黄色い染色を染め白目の部分が少し黄色く染まるので、大事な予定がある方は予定を確認しお越しください。

まとめ

エアコンを使うこの暑い時期。夏休みになり家でパソコン、テレビ、ゲームをする時間が多くなりいつもより余計目の乾燥が気になる時期だと思いますが、「我慢できる」と思い放置せず、少しでも気になる症状がある方は当クリニックへご来院下さい。

最後に

他にも緑内障の早期発見・早期治療やお子さまの視力低下にも努めておりますので、何か気になることがございましたら、お気軽にご来院ください。

以上 千種区 本山の眼科 中村眼科クリニックでした

 

この記事を監修した医師

中村眼科クリニック院長 / 眼科専門医 中村 富雄

東京医科大学卒。名古屋大学環境医学研究所助手、犬山中央病院眼科医長を経て、中村眼科クリニックを開院。

目のことで心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。
ご不安を和らげる笑顔と誠意をもってお応えします。

カテゴリー

アーカイブ