クリニックブログ

2022/05/23

糸くず、小さなごみ、虫のようなものが飛んでる?!

みなさん こんにちは 千種区 本山の眼科 中村眼科クリニック です

余談

さて本日5月23日は「乳酸菌の日」だそうです。日付は「に(2)ゅうさん(3)」(乳酸)と読む語呂合わせで、1年の中では2月3日で毎月23日は、スーパーなどの店頭での販売促進を行うため、体に良い乳酸菌を活用した商品で元気になってもらうため、「乳酸菌の日」にしているそうなので、23日にスーパーに行くといつもより乳酸菌の商品が多いかもしれませんね。

飛蚊症

さて乳酸菌の話の流れで普段、ぼっーとどこかを見ているときに糸くずのような透明な乳酸菌のようなものが飛んで見えることはありませんか?それは視界から消えない虫「飛蚊症」という病気です。

飛蚊症はどんな状態?

飛蚊症は実際には何もないのに明るい所や青空、白い壁などを見たときに糸くずのようなものがふわふわ飛んで見えたり、小さなごみ、虫のようなものが飛んでいるように見えたりしています。まばたきをしても視線を動かして目をこすってもその症状は消えることはありませんが、暗いところでは気にならなくなります。

飛蚊症になる原因とは?

飛蚊症の原因は、加齢によるものと病気が原因かの2つに分かれています。

加齢が原因の飛蚊症

40歳から50歳代から起こることが多く、60歳ごろになると約3割の人に飛蚊症があらわれると言われています。診察の際にもお伝えすることが多いのですが、肌にしわが増えたり、髪に白髪が増えたりするのと一緒の老化現象が目にも起こります。その人間の目には硝子体と呼ばれるゼリー状のものが詰まっていて、加齢によってゼリー状だったものが液体に変わり、硝子体に変化が起き濁りが出ます。その液体が網膜に影のようにうつるため、飛蚊症の症状があらわれます。

病気が原因の飛蚊症

・網膜裂孔、網膜剥離

名前の通り、網膜が裂ける網膜裂孔や網膜が剥がれる網膜剥離。どちらも初期の症状として、飛蚊症がいつもよりひどくみえるといった感じになります。さらに症状が進むと視界のいたるところにチカチカと光が見えたり、視野がかけたり視力低下やものがゆがんで見えたりします。

・硝子体出血

硝子体出血とは、目の中の血管からの出血が硝子体の中に入り込んだ状態をいいます。症状として、出血が濁りとなって視界に現れるため飛蚊症がおこることがほとんどです。出血の量が多いと、視力低下やぼやけてみえたり、暗くみえるなどの症状があらわれます。

・ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは、眼全体を包んでいる3つの組織「虹彩・毛様体、脈絡体」の総称をぶどう膜といいその膜に何らかの原因で炎症が起こっている状態を言います。ぶどう膜に炎症が起きると、硝子体が濁って飛蚊症を感じ、他にもまぶしい、視力が落ちた、霧がかかったように見える、目が赤い痛いなどの症状があらわれます。

…など加齢が原因の飛蚊症だったり病気が原因の飛蚊症やたくさんの原因があげられます。

飛蚊症を悪化させないためには

飛蚊症を悪化させないためには、①喫煙をやめる②紫外線を避ける③目をしっかり休ませる…など、様々な工夫があります。加齢による飛蚊症を治療することはできませんが、日常で気をつけられることがたくさんあるので食事や生活習慣を見直してみましょう。

まとめ

加齢に伴って飛蚊症を感じる方は少なくないかと思いますが、失明の恐れのある病気の可能性もありますので、いつもと症状が違うなと少しでも感じましたら早めに眼科を受診しましょう。当クリニックでは、眼底検査・視野検査などの精密検査も行なっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

最後に

当院では、緑内障の早期発見・早期治療やお子さまの視力低下の回復にも努めておりますので、何か気になることがございましたら、お気軽にご来院ください。

 

以上 千種区 本山の眼科 中村眼科クリニックでした

この記事を監修した医師

中村眼科クリニック院長 / 眼科専門医 中村 富雄

東京医科大学卒。名古屋大学環境医学研究所助手、犬山中央病院眼科医長を経て、中村眼科クリニックを開院。

目のことで心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。
ご不安を和らげる笑顔と誠意をもってお応えします。

カテゴリー

アーカイブ