クリニックブログ

2019/03/07

花粉症真っ盛り!!

我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村です。

梅は咲いたか桜はまだかいな、、、春が来たかなと思うこの頃です。

当院の日常では花粉症の患者さんが多数来院されており、眼科の診療が忙しくなるシーズンの始まりです。

過半数の患者さんが花粉症ですが、幼稚園児などの低年齢の患者さんも多く、80歳を超えて初めて花粉症になった方などは花粉症の診断を信じてもらえず、アレルギーの原因を調べる検査でスギ花粉に陽性反応出たことを示して納得していただきました。アレルギー疾患は年々増加しており低年齢化と高年齢化が進んでいるようです。スギ花粉のみに反応する方もおられますが、ダニ、ハウスダストや様々な植物にも反応するマルチアレルギーの方も多くおられますし、その数は年々増加しているようです。時代の変化に伴い病気も変化しますがアレルギー性疾患が減少する時が来るといいのですが、、、当分は無理かなと思っております。

時代の変化で子供たちも外遊びをする子がほぼいなくなり、家の中でゲーム、携帯電話、パソコン相手に過ごす時間が多い現代では、近視の進行も時代の流れに乗った形で目立つのでしょう。子供の視力低下は時代の流れで増加するのでしょうが、なんとか歯止めをかけたく日常の診療で視力回復トレーニングなどで頑張っているつもりですが、視力低下を訴える子供たちは年々増加する一方の様です。視力低下を訴える子供たちが少なくなる時代が来るといいのですが、、、

間もなく新学期がはじまると子供たちの健康診断が行われ、視力低下を指摘され、眼科受診を勧められて来院される子供たちが増えると思います。今年も子供たちの為に頑張らねばと春の訪れを感じつつ気合を入れて診療に励んでおります。

菜の花や、梅、桜、自然の風流よりも花粉症の訪れに春を感じながら、、、

我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村でした。