クリニックブログ

2021/08/30

目やにがネバネバ糸を引く・ビローンと伸びる~粘るのはなぜ~

こんにちは 千種区 本山の眼科 中村眼科クリニック です

最近は、雨が急に降ったり雷がゴロゴロずっと鳴っていたり予報と全く違う天気が続いてますね。8月から9月にかけて台風が発生する回数が多くなるので学校や仕事に影響が出たりするかもしれないので気をつけましょう。台風は事前に備えができる災害ですが、台風が接近してからでは真庭内対策もあるので今からできる準備はしっかり整え、危険から身を守りましょう。急に停電したりしても懐中電灯や食料など事前に準備しておくと少しは安心できますよね。昔私も台風で停電し、停電していてもすぐに復旧すると思っていましたが、何時間たっても電気・水・何もかもが使えず外食したのを覚えています。自分の家は大丈夫だろうと思わず、誰が被害にあってもおかしくないので、できる限りのことは対策し自分の身は自分で守りましょう。

 

さて本日は、目やにについてお話していきたいと思います。皆さんは目やにを取ろうとしたときに、ビローンと伸びることなどありませんか。今回はこの症状について紹介させていただきます。

目やにには2種類あり、新陳代謝の目やにで肌と同じように目にも新陳代謝が起き毎日新しい細胞が作られて剥がれ落ちます、朝起きて目の周りについている目やには目の垢です。もう1種類は炎症からくる目やにでアレルギーなどからくる炎症で逆まつげが目に刺激を与えてもでます。炎症からくる目やにはたくさん種類があるので詳しく説明させていただきます。

一つ目が「ウイルス性結膜炎」ウイルス性結膜炎になると糸を引く目やにがたくさん出るほか、目の痛み・充血がでることもありひどい時には、耳の前のリンパが腫れ熱が出ることもあります。

二つ目は「涙嚢炎(るいのうえん)」涙嚢炎は涙の道が詰まって涙嚢と呼ばれる涙道にある小さな袋が延焼する病気で、急激に進行し炎症する急性涙嚢炎と慢性的に炎症が続く慢性涙嚢炎に分かれます。症状としては目やにのほかに、痛み(急性涙嚢炎)・赤みが出る・腫れ・膿が出るなどひどくなると顔がパンパンに腫れることもあります。

三つめは「細菌性結膜炎」目が細菌に感染することで結膜に炎症が起きる病気のことで、細菌性結膜炎は小児や高齢者での感染が多く見られるのが特徴です。感染すると目やにが多く出るようになり、白目の充血や出血などは起こることもあります。その他にも黄色の膿のようなドロッとした目やに・瞼の腫れ・涙が出る・かゆみがあります。

四つ目が「アレルギー性結膜炎」目の表面に花粉などのアレルギン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。特定の季節のみ症状が現れるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは通年性アレルギー性結膜炎といいます。症状としては目のかゆみ・充血・白い糸を引くようなネバネバとした目やにがでます。ひどくなった場合は「春季カタル」と名前が変わります。

ネバネバ目やにが出た時の対策としてはまず手を洗い、洗った手でも直接目やにをとらずに清潔なティッシュペーパー、ガーゼ、綿棒などで拭きとってください。抗菌作用のある目薬があれば点眼した方がよろしいかと思いますが、その目薬が今の症状に合っているのかは分かりませんのでむやみに目薬はささず、眼科を受診しましょう。

他にも緑内障の早期発見・早期治療やお子さまの視力低下の回復にも努めておりますので、何か気になることがございましたらお気軽にご来院ください。

 

以上 千種区 本山の眼科 中村眼科クリニックでした