クリニックブログ

2020/01/04

子供の視力回復、緑内障の早期発見、早期治療が今年の抱負

皆様、明けましておめでとうございます。

我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村です。

年末年始を皆様いかがお過ごでしたか?年末年始の休診中も何人か急患が来られ診察しましたが

当院は本日1月4日より平常通りの診療はじめました。

1月6日より診療開始にしようかと思いましたが、仕事始め、学校の冬休み期間を考えると、4日しか受診できない患者さんもおられるだろうと思い、早めの診療開始としました。

外来は待合室を拡張し、患者さんが座ってお待ちになれるように椅子、ソファーを増やしましたがそれでも座れず、立ってお待ちになられる患者さんがおられましたし、また予約システムでできるだけ患者さんをお待たせしないように努力しておりますが、予約の無い患者さんも多数来院され、なかなか時間通りの診療ができず、患者さんをお待たせする時間が長いことがありました。お待たせした患者さんの方々、誠に申し訳ありませんでした。スタッフ一同できるだけ患者さんをお待たせしないように無駄のない、効率の良い診療を心がけておりますが、今後も課題の一つとして努力して行きたいと思います。

今年の抱負はやはり去年も掲げましたが、やはり子供の視力回復、大人の緑内障の早期発見、早期治療です。私達を取り囲む社会の環境、気候、生活習慣は眼の健康に関しては残念ながら好ましい方向には向かっておりません。子供の視力低下は進む一方で新入生の70%近くが近視の傾向があるとの報告がありました。25年以上開業医をしておりますが緑内障の患者さんは増え続けておりますし、ドライアイの患者さんも増え続けておりますのを実感しております。地域の皆様の眼の健康を守るべく、今年も患者さんと共に頑張っていきたいと思います。

我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村でした。