クリニックブログ

2019/09/13

夏の終りに~アレルギーと眼精疲労

我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村です。
暦の上では秋なのにゲリラ豪雨、台風による被害、酷暑、熱中症など異常気象が頻発しております。
今も被害に苦しまれる方々に心からお見舞い申し上げます。
あまりにも異常が繰り返すので異常を異常と感じる感覚が、異常を恐れる感覚が段々鈍くなりそうで怖い気がします。
当院の日常では、夏休みが終わり、午前中の子供の来院が少なくなり外来が静かな様子となりました。
お馴染みのお年寄りの患者さんが多く、白内障、緑内障で悩まれる方が多いのですが、アレルギー症状や眼精疲労(疲れ目)を訴える方もけっこうおられます。
残暑が続きまだまだエアコンが使われハウスダストアレルギー症状が、気温、湿度が高くダニアレルギーも目立つようですし、秋口から始まるブタクサアレルギーなどのイネ科の花粉症も出始めた様子です。
夏バテなどの症状も夏の盛りばかりではなく秋バテというか夏の暑さが和らいだころに目立つ体調不良もありまして、眼を使うことは体の体力を使うことでもありますので、バテ気味の体調による視力低下、眼精疲労に悩まれる方が多くおられます。
夏も終わりを迎えますが、皆様、体調管理にお気を付けください。
我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村でした。