クリニックブログ

2022/05/30

イネ科花粉~カモガヤ・オオアワガエリの特徴をご紹介~

挨拶

皆さんこんにちは 千種区 本山の眼科 中村眼科クリニックです

余談

本日、5/30は語呂合わせで『ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)の日』だそうです。愛知県豊橋市で始まった「ゴミゼロ(530)運動」がきっかけでそこから徐々に全国へ広まっていったようです。『ゴミゼロの日』にちなんで同日は「掃除機の日」や「オーガナイズの日」でもあるそうですよ。皆さん、衣替えなどはもうお済みでしょうか。私も少しずつ夏仕様に変えつつありますが、まだ少し残っています。衣替えと同時にお部屋などの掃除をされる方も多いのではないかと思います。掃除をすると運動にもなると同時に心もなんだかスッキリする気がするので私は好きです。が、普段は仕事でなかなか手がつけられないので、お休みの日を有効活用して毎日快適に過ごせるように綺麗にしていきたいと思います。衣替えなどで出た着なくなった服などもゴミとして捨てるのではなく、困っている方々のために役に立てられるものがあれば、それは寄付したいなとも思います。ジメジメとした梅雨が来る前にクーラーなどの掃除も済ませておきたいなと思います。

イネ科花粉

世界的に有名な牧草だそうです。日本では全国的に雑草として広まりました。どれも河川敷や公園、空き地や道端に多く生息しています。イネ科花粉はスギ花粉症やヒノキ花粉に比べて飛散する範囲が数10m程と狭いので、多く生息していそうな場所を避けていただければ症状も抑えられるかと思います。しかし、飛散時期が長いので症状も長引く可能性はあります。ではひとつずつご紹介していきたいと思います。

・カモガヤ

高さは1m前後あります。5月〜7月ごろに花粉が飛散します。葉は緑色をしており、枝先には白っぽい色をした小さいお花が集まって咲いています。寒さに強く、繁殖力もあります。

・オオアワガエリ(別名:チモシー)

高さは50cm1m程あります。68月ごろに花粉が飛散します。穂のように棒状に直立しています。猫じゃらし(エノコログサ)と似ているので猫じゃらしを想像していただけるとわかりやすいかと思います。ウサギなどの小動物の餌としても利用されているそうです。

飛散時間もチェックしておきましょう!

飛散時間は主に午前中(朝早め)だそうです。午前と午後の気温差がある場合には、午後にさらに飛散力がますこともあるそうなので、天気予報は毎日確認したほうがよさそうです。特に注意していただきたい日は気温が高く、よく晴れた日だそうなので、まさにこれからのシーズンですね。

対策は?

対策としていちばん良いのは多く生息していそうな場所は避けるということです。が、日常的に公園へお出かけされたり、お散歩などに行かれたりされる方もいらっしゃると思います。その際は基本的にヒノキやスギ花粉のシーズンと変わらず、マスク着用・眼鏡や帽子の着用・洗顔やうがいなどをして対策しましょう。庭にイネ科の雑草が生息している場合は洗濯物を室内で干したり、離れた場所に干したりするのもひとつの手かなと思います。予防的にアレルギーに対する薬を服用することも良いと思います。加えるとすれば、花粉飛散前に草刈りや除草剤をまいて繁殖力や飛散量を弱めることかと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。私もイネ科の花粉にとても反応するので、夏なのに鼻炎やくしゃみなどがあり、コロナ前から夏もマスクをしていました。これからのシーズンのマスクは苦しい・暑い・蒸れると辛い時期になりますね。少しでも自分自身が快適に毎日を過ごせるように自分に合った対策方法で今年の夏も乗り切れればなと思っております。皆さまも目のかゆみや目やになど気になることがございましたらお気軽にご来院ください。その他にも緑内障の早期発見・早期治療やお子さまの視力低下の回復にも努めておりますので、眼に関することで気になることがございましたら、お問合せいただければと思います。

以上 千種区 本山の眼科 中村眼科クリニックでした

この記事を監修した医師

中村眼科クリニック院長 / 眼科専門医 中村 富雄

東京医科大学卒。名古屋大学環境医学研究所助手、犬山中央病院眼科医長を経て、中村眼科クリニックを開院。

目のことで心配なことがありましたらお気軽にご相談ください。
ご不安を和らげる笑顔と誠意をもってお応えします。

カテゴリー

アーカイブ