クリニックブログ

2020/05/04

新型コロナウイルスの感染予防対策

我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村です。

ゴールデンウィークも折り返しですが、新型コロナウイルス騒動は一向に終息の気配見せず非常事態宣言も延長の様です。全国津々浦々でマスク姿の人々が行き交い、テレビでは手洗い、うがいの励行、ステイホームの掛け声の下、楽しくお家で過ごす方法、閑散とした行楽地、感染者状況速報、社会生活、政治経済への影響などなど取り上げられております。医療機関、介護施設におけるクラスター発生は特に目立ち、感染予防の重要性はどれだけ強調してもしすぎることはないでしょう。

当院も感染予防に努力しております。マスクは当然として、入り口での消毒薬の設置に始まり、コンビニ、スーパーでしているように窓口をビニールシートで仕切り飛沫感染の予防、検査機器で患者さんが接触されるごとにアルコール消毒を行い、スタッフは手袋、ゴーグル、フェイスガードの装用、診察室での器機で細隙灯顕微鏡に飛沫感染予防の為のプラスチックボードガードの設置、私自身もマスク、手袋、フェイスガード、ゴーグルの装用、診察ごとの患者さんの接触された器機の消毒、午前と午後の診療終了後の待合室の消毒とできる限りの感染予防を心がけております。ソーシャルデイスタンスを保つよう、待合室が込み合う際に患者さんに車でお待ちいただくことをお願いすることもございます。

非日常的な日々が続いております。皆誰もがコロナに苦しんでおられるでしょう。けれど負けずに自分にできることをして頑張りましょう。オバマ前大統領ではありませんが  YES  WE  CAN を信じて!!

我が街、千種区 本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村でした