クリニックブログ

2018/11/26

間もなくクリスマス

我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村です。

間もなく師走、朝、夜の寒さに身が震えるようになり、街中ではクリスマスのイルミネーションが輝き、風邪引き、マスク着用者が目立ち始めました。インフルエンザの予防接種など皆様冬支度は万全でしょうか?

当院の日常では秋の検診で受診勧告されて来院される子供たちがひと段落ついたようです。

視力トレーニングをしばらく続ける子供たちはおりますが、初診の患者さんはピークは越したようです。子供たちよ、姿勢正しく、背筋を伸ばしましょう。低下した視力の回復をがんばりましょう。

大人たちでは人間ドックで異常を指摘され受診される患者さんが少し増えているようです。初期段階で緑内障が見つかりやすくなり、ごく早期の視野に障害が出る前の、前視野緑内障と呼ばれる段階から進行予防の治療ができるようになり、従来は視野の障害が目立ってから治療開始していた方がもっと早い段階で加療できるようになり、予防効果は従来より向上していると思います。ただ、痛いとか、見えないなどの自覚症状が乏しいため、受診されずに放置されている緑内障の患者さんも多くおられると思われ、こうした患者さんの受診の機会をもっと増やす方法はないものかと無い知恵をしぼっております。

寒さ益々募る日々、クリスマス、年末進行の仕事、心が少し浮きつつも慌しい日々が来ます。

皆様お体ご自愛下さい。

我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック院長中村でした。