コンタクトレンズの販売について

コンタクトレンズは
眼科医の診察を
受けるのが安全です

コンタクトレンズは、法律で「医療機器」と定められた高度医療機器です。
直接目に触れるものであり、目のトラブルがないように使用しなくてはなりません。
取り扱いが適切でないと、目に負担をかけるだけではなく、視力低下や目の痛み、充血など、さまざまな症状を引き起こし、最終的には目の障害を残してしまう可能性もあります。
コンタクトレンズの正しい知識を持たない機関で処方されたものは、リスクが高くなってしまいますので、コンタクトレンズに関する十分な知識を有する医療機関での診察を受けていただくことをおすすめしております。

眼科でコンタクトレンズを購入するメリット

コンタクトレンズの購入について

最近では、コンタクトレンズを初めて作ろうという方も、新しいレンズに作り替えようという方もその半数以上の方がメガネ店やコンタクトレンズ量販店での購入をしています。

しかし、眼科の専門医がいないメガネ店やコンタクトレンズ量販店では、眼科の専門医の診療を行わずにコンタクトの処方がされてしまうことも少なくありません。

眼科の専門医の診療をせずに、あなたの目に合っているコンタクトレンズ処方や適切な診療が出来きるとは思えません。コンタクトレンズを購入する場合は、眼科専門医のいる医療機関で受診していただくのが安心です。

当院のコンタクトレンズ処方と販売

当院では、眼科医によるコンタクトレンズ処方の際に以下の診察・検査を行います。

コンタクトレンズ処方の際の診察・検査

患者様に合わせて必要な検査を行います。

コンタクトレンズ購入後も継続的にアドバイス

ご購入後も、目の安全のためにコンタクトレンズの正しい使用方法や普段のお手入れの方法なども、わかりやすく丁寧にご説明させていただいております。
また、コンタクトレンズの破損、視力変化による度数が変わってしまった場合などもお気軽にご相談ください。
コンタクトレンズを長期に渡り使用する際には、自覚的に何の問題が無くても、乾燥症状など目にトラブルが起きている可能性もありますので、定期的な検査を受けることをおすすめします。