白内障・緑内障の検査と治療

目の成人病
「白内障」「緑内障」は
早期発見、早期治療が
大切です

目の成人病「白内障」「緑内障」は早期発見、早期治療が大切です

近年、日本では高齢化が進むにつれて、眼科に通う高齢者の人も増えており、
加齢とともに白内障、緑内障など老化や長年の生活習慣病に伴い目の病気になる人がますます増加しています。
初期症状がほとんどない緑内障など、気付いた時には病気がかなり進行している事もあります。
早期治療、早期発見のためにも眼科での定期的な検診をおすすめします。

レンズの役割を果たしている水晶体が濁り、見えにくくなる病気が白内障です。
水晶体は、カメラのレンズのようなもので、外からの光を集めてピントを合わせる働きがあります。
通常は透明ですが、白内障になると白く濁ってしまい集めた光がうまく眼底に届かなくなってしまうことで、ぼやけたり、かすんだり、眩しさを感じたり、ダブって見えるようになったりします。
目と脳をつなぐ視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気が緑内障です。
緑内障は、急激に進むタイプと非常にゆっくりとした進行をたどるものがあります。
急激なタイプは目の痛みとぼやけ、充血とともに、頭痛や吐き気を訴えることがあり、時に頭の病気などと間違われて眼科の適切な治療を受けることが遅れてしまい、強い障害が残ってしまう場合もあります。
進行がゆっくりしたタイプの方では、病気が進行するまで自覚症状はほとんどありません。
緑内障は病気が進行してしまうと、視野に障害が生じ、元に戻すことができませんので、早期発見、早期治療が非常に大切であり、治療が遅れると失明に至ることもあります。
白内障 緑内障
原因 目のレンズ(水晶体)の濁り 視神経の障害
初期症状 目がかすむ、まぶしくなる等 ほとんどない
症状 視力低下、二重・三重に見える 部分的に視野狭くなる
治療 手術で回復する可能性がある 進行の予防のみで視野への
ダメージは回復することはありません

日常生活で見られる症状

白内障

  • 視界が全体的にかすんで見える
  • 視力が低下する
  • 今まで以上に光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違う

緑内障

  • 目の疲れ、かすみを頻繁に感じる
  • 自覚症状はありませんが、視野が狭くなっているので、つまづきやるくなったり、テーブルの上のものを倒しやすくなったり、人にぶつかりやすくなったりといった症状が出てきます。

    進行が遅いタイプの場合

  • 電灯を見るとその周囲に虹がかかって見える
  • 突然の眼痛、充血、ひどい頭痛、吐き気、おう吐

    急性タイプの場合

検査

視力検査、眼圧測定、目の奥の詳しい検査など、色々組み合わせて詳しく検査します。

人間ドックでこんなことを言われたら

治療方法

  • 白内障

    症状が軽い場合は、点眼治療にて進行を遅らせることが可能です。ただし、進行を遅れせることが目的であって一度に濁ってしまった水晶体は手術を行って、新しい人工レンズに換える以外にきれいにすることはできません。手術をオススメする場合、患者さんがやりたい事ができるかどうか、何ができなければ困るのか、生活習慣を考慮して手術をする時期を決めます。
    ※当院は手術は行いませんので、その場合は他のクリニック様をご紹介いたします。
    現在は、手術が進歩し、眼内レンズの性能も向上しているので、高齢者の方でも安心して手術が可能です。
  • 緑内障

    緑内障の治療は、まずはじめに点眼薬や内服薬による治療が行われます。
    治療中は眼圧測定や視野検査などをおこなって、薬の効果を確認していきます。
    薬が効かない、急性緑内障で緊急に眼圧を下げなければならない場合には、レーザーなど手術によって治療を行います。
    時間をかけて眼圧の変化、視神経のダメージ、視野の変化を定期的に行ってコントロールしていかなければいけない病気です。
    80〜90歳になっても眼の見え方で困らない状態を保つために、進行予防の治療をしっかりとしていかなければならない病気でもあります。
    失われた視野は元には戻りませんので、何よりも早期の発見、早期の治療が大切な病気でもあります。

よくある質問

  • 白内障・緑内障で失明してしまうことはありますか?

    白内障については手術による視力回復は
    可能のためご心配ありません。
    緑内障につきましては進行の度合いによっては
    失明してしまう場合もございます。

    白内障の場合、早めに手術を行うことで失明をすることはありません。
    残念ながら緑内障による失明は日本人の失明の原因第1位です。
    進行してしまった場合は回復することはありませんので、緑内障の治療は早期発見、早期治療が最も大切なことになります。
  • 検査そのものに痛みはありませんか?

    目に空気を当てたり、光を当てて診察しますので、
    眩しさを感じたりする検査はございます。

    痛みを伴うような検査はありませんので、その点はご安心ください。
    目の奥を詳しく調べる検査では、瞳孔を広げて目の奥を詳しく調べる検査もございます。この場合、5時間ほど黒目が広がった状態になるますので、ぼやけたり、眩しさを感じたりすることがございます。
    この検査をする方は、車の運転が危なくなりますので、5〜6時間の間車の運転をお控えいただくこともございます。
  • 白内障・緑内障の手術となった場合、入院は必要ですか?

    白内障の手術については入院無しで日帰りで手術するところが多くなっています。
    患者様の安全を考えて入院をお勧めするクリニックもございます。
    緑内障の手術に関しては数日の入院が必要になる事が多いです。