クリニックブログ

2017/09/19

緑内障の早期発見

IMG_1382我が街、千種区本山の眼科 中村眼科クリニック 院長中村です。

台風一過、秋晴れの空、季節の移ろいを感じますね。

爽やかな季節を感じるのはいいのですが、日常の診療では気が抜けません。また極早期緑内障(前視野緑内障)が見つかりました。新しく導入した最新式のOCTと呼ぶ器械が有用でした。以前にも書きましたが、緑内障は怖い病気です。成人人口の4~5%にみられます。そして成人の失明の原因のトップとなる病気です。急激な眼圧の上昇による霞目に激烈な眼痛、頭痛を伴う発作型の急性緑内障と正常眼圧か軽い眼圧の上昇に伴う緩やかな視野狭窄の進行を示す慢性型の緑内障と2種類ありますが、慢性型の正常眼圧緑内障が日本人は一番多くみられます。慢性型では急激な視力低下は起きず、視野の障害の進行も緩やかで、自覚症状はかなり進行してからでないと出てきません。自覚症状が出てきて緑内障です、治療を始めますとなっても治療は点眼薬で眼圧を下げることで進行を抑える、遅くすることしかできません。既に出てしまったダメージは元に戻らないのです。

現代は寿命が伸びて80歳、90歳でも元気なお年寄りが多くなりました。緑内障は命にかかわることはありませんが発見が遅れて失明してしまったら、失明したまま80,90歳まで生きなければならないこととなります。光を失ったままの人生はとても不自由なものとなってしまいます。こうならないように緑内障はできるだけ早く見つけて出来るだけ早く進行予防の治療を開始することが大事です。

幸い最近は緑内障治療薬もバリエーションが増え、OCTとよばれる新しい器械で視野にダメージが出る前の段階で緑内障(前視野緑内障と呼びます)を発見することも可能になりました。早い段階で進行予防の治療を開始できれば不自由ない生活を年をとっても送ることは可能です。働き盛りの方々に早期発見の重要性を理解いただき、健康診断として定期的な眼科の検査を受けられることをお勧めします。

我が街 千種区、本山の眼科 中村眼科クリニック 院長中村でした