クリニックブログ

2017/07/19

夏のアレルギー性結膜炎&ドライアイ

我が街、千種区 本山の眼科 中村眼科クリニック 院長中村です。

連日の様に猛暑が続いています。他にもゲリラ豪雨、雷雨、雹が降ったり、異常気象が続いていますが九州北部や新潟、福島など豪雨被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

異常気象もあまり頻繁だと変な言い方ですが異常が日常となってしまい、あまり良くない意味で慣れてしまいそうでなにやら怖い気がします。

当院の現況では、アレルギー性結膜炎が多くなっています。おそらくはエアコンの使用が多くなり、ハウスダストアレルギーが増えていると思われます。また温度、湿度が高くなり、ダニも発生しやすくダニアレルギーも増えているものと思われます。軽症例が多いのですが大人だけではなく子供のアレルギーも目立ちます。痒み、充血、違和感、べたつき、しょぼつき、さらりとした目ヤニなど気になる症状をお持ちの方は早めの受診をお勧めします。

またエアコンはドライアイ症状を起こしやすくなります。エアコン、パソコン、コンタクトの三つを3コンと呼びドライアイの三大原因とされております。エアコンの効いた環境でパソコン、スマホをコンタクトレンズのユーザーが長時間使用している状態ですと渇き目、しょぼつき、カスミ目、疲れ目など起きやすくなります。こうした方には、症状の程度、種類により点眼薬を適切に選び処方いたしますし、ドライアイ向けの瞼のマッサージの仕方などを指導させていただきます。

夏は紫外線をはじめ眼にトラブルが起きやすいシーズンです。皆様お大事になさってください。

我が街、千種区 本山の眼科 中村眼科クリニック 院長中村でした